<   2005年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

イソヒヨドリ10

c0047906_2131613.jpg
 野鳥ファンはみんな自分の好きな鳥を持っている。私もイソヒヨドリの鳴き声が好きだ。前にも書いたがこの鳥は市街地でも結構見ることができる。このさえずりを聞くと、走行中でも車を止めて居場所を確かめるほどだ。

 久しぶりに有田川でイソヒヨドリ♀に出会った。いままで何回も出会っているのだがメスの後ろ姿をゆっくり見たことがなかった。今回は初めてまともに背中から撮影ができた。オスに較べて殆ど鳴かないし何とも地味な姿だ。
動画はここをクリック

 有田川に 始めて撮りし イソヒヨドリの うしろ姿なり 地味な羽色
                       引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-09-15 21:58 | ツグミ科

サギ3種類

c0047906_21485595.jpg
 前日に紹介したようにハイビジョンカメラHC1に2.2倍のテレコンをつけて撮影した。紀ノ川の河口域にある水門の上に集まっているサギを狙った。色の濃いのはアオサギで、白鷺のうち大きいのはダイサギで一番小さいのがコサギで仲良く並んでいる。かなり距離があるので大きく映せないが、たくさん取り込みたいのでちょうどよい。

 動画の前半はHC1の10倍で撮影し、後半はデジタルズーム20倍で映した。もちろん撮影はハイビジョンモードで映して、再生はDVワイドモードに変換した。ここの掲載ではかなり画質を落としているので、まったく気にならない程度にお見せできる。(動画はここをクリック

  水墨の 絵をみる如き 色合いに 紀の川河口に 群る鷺の仲間は
                      引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-09-13 22:02 | サギ科

ハイビジョンカメラHC1+2.2X (2)

 先に紹介したようにこの度ソニーから発売されたハイビジョンカメラHC1にレイノックス2.2倍のテレコンバージョンレンズを取り付けると約1,000mm(25mmカメラ換算)の望遠となる。以前にサブカメラとしてDVカメラのデジタルズームで動画を撮影したことがある。このときは画質がかなり落ちてがっかりしたことがあった。

 ハイビジョンであればDVとの比較では4.5倍の高画質なので、HC1をデジタルズーム20倍(レンズズーム10倍+デジタルズーム2倍)にして撮影してDVの大きさに縮小したら十分使えるのではなかろうかと考えた。そこで簡単なテストを試みた。いつもテストする距離でHC1を2.2Xのテレコンを付けて20倍ズームの位置にして撮影した。その動画を切り取って静止画にしてDVと同じサイズに縮小したのがここに紹介する画像だ。
c0047906_19504390.jpg
 この画質なら動画としてはまったく問題ない(画像のクリックで実寸表示)。これで2,000mm相当のレンズとなり、野鳥撮影には十分使えるコンパクトなシステムとなったのだ。この調子ならもう少しズームアップしても使えるかもしれない。次回にもう一度実験してみよう。

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-09-12 20:11 | ハイビジョン撮影

ジョロウグモ♂

c0047906_23414787.jpg
 先に紹介したジョロウグモの続編。メスは大きな網を張って獲物を狙っている。私たちはこの光景をよく眼にすることができる。それに較べてオスは自分では網を張らずにメスの作ったネットの隅っこにひっそり留まっているだけだ。

 文献によればオスは殆ど獲物を捕らずにじっとしているだけだそうだ。古い例えに「ノミの夫婦」というのがある。奥さんが大きくてどっしりしているのに反して旦那が小ちゃな夫婦を指す。このジョロウグモはまさにその最たるものだ。(動画はここをクリック

  女郎蜘蛛の めすが作りし網の隅に ひそと同居の 雄の小さし
                     引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-09-09 23:45 | 昆虫・花・風景・ほか

ジョロウグモ1

c0047906_21473960.jpg
 秋の気配を感じる頃によく見かけるジョロウグモ。背中は黄色と黒の鮮やかな虎模様で、大きな網を張って獲物をねらっている。このクモも子供のときからよくなじんだ生き物で、チョウやトンボをとって網に投げてやる。とたんに敏速に反応して糸を吹きかけて足を使って獲物をくるくると丸めてゆく。その動作を見るのが面白く、よく遊んだものだった。

 網の隅っこに小さなクモが同居している。何とこれがオスで、3倍以上も大きさが違う。こちらは次回にお見せしよう。 (動画はここをクリック

(追伸)
 台風14号で被害を受けられた皆さん、お見舞い申し上げます。 和歌山は幸いにも大した影響もなく済みました。

  蜘蛛の網の 起点にありて 白百合の 蕾はきょうも 開けずにあり
  草の種 あまた飾りて 獲物まつ 女郎蜘蛛の囲(い) 背戸山高く
  台風の 兆しに暗き 背戸山に 女郎蜘蛛の背の 黄の縞 浮き出ず

                       引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-09-07 21:55 | 昆虫・花・風景・ほか

イチモンジセセリ1

c0047906_17564616.jpg
 子供時代から馴染みの蝶であるイチモンジセセリ。私の田舎ではサムライチョウと呼んでいた。ゆっくり後ろから近づいて羽をつかむと簡単に採ることができる。細い草の茎の先にこの蝶を結んで蛙に近づくと飛びついてきて、今度は蛙を捕まえることができるのだ。

 この蝶を見ると、半世紀以上も昔の子供時代が走馬燈のように思い出される。小学校からの帰り道、小川のフナやドジョウを追っかけたり、蛇の尾っぽをつかんで放り投げたりしていた。平和な時代ではなかったが、懐かしい田舎の田園風景が脳裏に展開するのだ。(動画はここをクリック

  草の先に 結びて 蛙釣りしたる イチモンジセセリ 花を渡れり
  簡単に 人に捕らわる イチモンジセセリ 白粉花を 行ったり来たり

                        引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキング ←おかげさまでまたベストテンに入ってる
[PR]
by ja3cf | 2005-09-04 18:17 | 昆虫・花・風景・ほか

ユリカモメ2

c0047906_21402187.jpg
 遠出ができないのでいつものフィールドへ覗きに行く。まだ夏枯れが続きサギとムクドリしか出会えず。向こう岸に草陰から見え隠れしていたユリカゴメをやっと捕らえた。まあ、これでもお見せしましょうか。(動画はここをクリック

  草かげに 見え隠れして ユリカモメ 水中の餌 啄ばみており
                     引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-09-03 21:50 | カモメ科

HC1+テレコン2.2X

c0047906_045195.jpg
 ハイビジョンカメラHC1で高画質の画像を撮れるのが気に入った。これに高倍率のテレコンバージョンレンズを付けたら手軽に野鳥撮影ができるのではと探した。レイノックスHD-2200PROが2.2倍で、市販のうちでもっとも高倍率だ。果たして使えるかどうか気にしていたところ、「ビデオSALON」9月号に十分使えるとレポートが載っている。そこで早速入手した。僅か105gとすごく軽く小さいのが気に入った。果たしてこれでシャープに映るのだろうか。

 堤防からかなり距離のある所に浮かんでいる原木にウミネコが並んでいる。それを最大倍率で撮影した。HC1は35mmカメラ換算では480mmなのでそれに2.2倍だから最高で1,056mmとなり結構使える。動画撮影では手持ちというわけにはいかないので、上記画像のような小型三脚を持ってゆく。これなら小さなバッグにすべて入るので便利だ。
c0047906_20211064.jpg
 最近のビデオカメラは静止画撮影にも力を入れている。HC1でも270万画素の静止画の撮影が可能だ。これなら手持ちで撮せるのではないかと挑戦してみた。連写機能を使うと数枚に1枚程度は使えることがわかった。これは思わぬ収穫だった。(動画はここをクリック・容量の関係でDV画質に変換)

  原木に 止まる数多(あまた)の ウミネコの
                   なべて沖向く 波に揺れつつ

                      引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-09-02 06:31 | ハイビジョン撮影

コシグロペリカン3

c0047906_6385956.jpg
 「ケアンズの野鳥」編。ペリカンはオーストラリアではよく見ることのできる野鳥なのだ。ケアンズの海岸では道路から数メーターのところでたむろしていた。このコシグロペリカンは大型の野鳥で、夕方海岸近くを悠然と泳いでいた。(動画はここをクリック

  打ち寄せる 白波のごとき羽模様 ペリカン悠々 海の辺泳ぐ
                    引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-09-01 06:42 | オーストラリアの野鳥