<   2006年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

コハクチョウの飛翔

c0047906_20242653.jpg
 コハクチョウの撮影中、何回か飛び出したのがあった。しかし、ビデスコ(デジスコ)の超望遠撮影では写角が極端に狭いので突然の変化弱い。飛び出した鳥になかなか追いつかない。数回試みて2回だけ何とか捕らえることができた。ピントは甘くなってしまったが、優雅なフライトだったのでスローでお見せしよう。(動画はここをクリック

 数回の トライの末に 捉えたる コハクチョウの飛翔 素晴らしきかな
 枯野の上を 見事な飛翔 コハクチョウの 動画何度も 眺める夜更け
                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-01-31 20:56 | ハクチョウ科

コハクチョウの若鳥

c0047906_23284810.jpg
 昨日撮影したコハクチョウ。朝10時ごろ、グループに分かれて飛び立っていった。最後まで残った10数羽のうち半数以上は若鳥(頭部が灰色)だった。これは親子ということではなく、若鳥の集団とリーダーの成鳥達なのだろうか。やがてこのグループも数分後に飛び立ってしまった。(動画はここをクリック

 グループに 分かれ飛び立ちし コハクチョウ 残りし群れに 若鳥多し
 すいすいと 水面をよぎる 若鳥の
               いまだ灰色なり コハクチョウの群れに

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-01-29 23:46 | ハクチョウ科

初めてのコハクチョウ

c0047906_2028402.jpg
 私たち「阪和デジスコクラブ」のメンバー3人でコハクチョウを撮影に行った。兵庫県加西市の池には毎年多く飛来しており、週末の今日も高級望遠カメラの放列がずらりと並び賑やかだった。ここでは常連のファンが餌付けをしているため間近で見ることができ、鳴き声もばっちり録音できたのは嬉しい。

 この地方には毎年100羽以上が越冬に訪れており、ここと数キロ離れた小野市の池と行き来しているそうだ。群れの中に見える灰色のは若鳥だ。鶴は優雅だが、ハクチョウもなかなかきれいで人気がある。(動画はここをクリック

  近くの池と 行き来するとう コハクチョウ
              数多(あまた)群れおり カメラの放列
  池の中に 佇むもあり 浮くもあり コハクチョウの 姿優雅に
  長き首 上下に振りて 呼び合うか コハクチョウの
                       鳴く声 水面を渡る

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-01-28 21:13 | ハクチョウ科

キンクロハジロの得意芸

c0047906_22122562.jpg
 先に大池で撮影したキンクロハジロ。ここでは餌を採ることがなく、昼寝しているか羽つくろいしている姿が主だ。羽つくろいではくるりとひっくり返ってお腹を手入れしている。この動作はキンクロハジロの得意芸だそうだ。
動画はここをクリック

  水面に キンクロハジロの 得意芸 くるりと腹を上にし 羽繕い
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-01-26 22:46 | カモ科

オーストラリアヘラサギ3

c0047906_17131388.jpg
 「ケアンズの野鳥」編。昨年行ったときも2回訪れたセンテナリー公園。ここの池でいつも見ることができるのはオーストラリアヘラサギ。正面から見るとほんとにくちばしがへら状になっている。この長いくちばしを水中に入れ、左右に振って餌を探している。(動画はここをクリック

  ヘラの如き 長き嘴(くちばし) ヘラサギは
                    水中ふかぶか 餌を漁れり

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-01-22 17:23 | オーストラリアの野鳥

久しぶりにケリ

c0047906_030224.jpg
 タゲリを追っかけていつもの池に行くが見つからず。コチドリとサギ、それにカラスしかなくてがっかり。

 突然、ケケケーという鳴き声で飛んできたのはこのケリ。チドリの仲間では一番大きい。いつも単独で行動している。黄色いくちばしと赤いオメメがかわいい。雨上がりの週末、だいぶん距離があり陽炎が出て画面がゆらいでいる。(動画はここをクリック

  黄と黒に 分かれし嘴 赤き目の ケリ美しき 陽炎の池に
                    引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-01-21 23:58 | シギ・チドリ

ツグミ2

c0047906_20572029.jpg
 今年は昨年に較べて冬鳥が遅かった和歌山城公園。やっと見つけたのがこのツグミ。同じような木が何本もありながら、野鳥がよく止まる木が決まっているのが不思議だ。

 しばらく観察していると口をもぐもぐ。ぽいっとペレットをはき出した。カワセミでよく見かけるが、消化しないものをはき出す習性のある野鳥が結構多い。まるでパチンコの玉のように丸るく固めている。(動画はここをクリック

  さえずりの 聞こゆる画像に ツグミ見る
               ぽろりと嘴(さき)より 丸きもの落つ
  パチンコの 玉出す如く ツグミの嘴 丸きもの出す 梢にありて
  啄ばんで いるとも見えず 突然に 丸きもの吐く ツグミの生態は

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-01-18 21:18 | ツグミ科

ヒドリガモ♂

c0047906_15403067.jpg
 先に紹介したホシハジロと頭部が同じように茶色のヒドリガモのオス。正面から見ると、くちばしから頭部にかけてクリーム色の帯が伸びている。(動画はここをクリック

   その頭部 色を二分に ヒドリガモ 初春の池に ゆったり泳ぐ
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-01-15 17:34 | カモ科

ホシハジロ♂

c0047906_2114070.jpg
 ミコアイサを観察していると、そのそばに来ていたのがこのホシハジロのオスだった。このカモも胴体が白っぽくて頭が鮮やかなワインカラー。メスはここに映っていないが全体に薄茶色だった。(動画はここをクリック

 鮮やかな ワインカラーの 頭を埋め ホシハジロ頻りに 羽繕いする
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-01-13 21:16 | カモ科

タゲリのアップ

c0047906_21373446.jpg
 週末にタゲリを撮せなかったので、先に大きく写したのをお見せしよう。ピントが甘く、カラーバランスが崩れて没にしていたのだが・・・。

 この鳥は動きは激しくないが、よく観察するとときどき頭を上下に動かす習性があることがわかる。アップすると背中の色に光沢があってきれいだ。ピンと立った冠羽とともに気品のある風格なので人気がある野鳥だ。(動画はここをクリック

   艶やかに 光る羽毛の美しき タゲリ歩めり 風格もちて
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-01-10 21:49 | シギ・チドリ