<   2006年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

まだヒレンジャクが・・・

c0047906_213226.jpg
 近くの公園に来ているヒレンジャク。いつまでいるのか気になって昨日早朝に覗きに行った。いた!いつものスポットにたった1羽だけだが観察することができた。

 それにしても50羽ほどいたグループはどこにいったのだろう。もう別の場所に飛んでしまってこの1羽だけが迷子になったのだろうか。強風で枝が揺れ、羽毛がなびいている。(動画はここをクリック

  早朝に 来し公園に キレンジャクの 群れは何処へ 一羽残れる
  公園に 残りし一羽の キレンジャク 羽毛なびかせ 強風に耐ゆ

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-03-30 21:16 | レンジャク科

ヒレンジャク変化

c0047906_19451032.jpg
 ヒレンジャクをじっくり観察していると、その体型が急速に変化するのに驚く。ななめ横から見ると通常は卵形の丸い感じだが、外敵におびえたり驚いたりすると一瞬のうちに細長くなる。早朝撮影のため光量が不足で映りが悪いが、その変身ぶりをお見せしよう。画像も動画から切り出したもの。(動画はここをクリック

 ヒレンジャク 身を守るすべか 体型を にわかに細く 変えるを見たり
                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-03-28 21:22 | レンジャク科

アオジ

c0047906_22342914.jpg
 近くの公園でヒレンジャクの飛来を待っていたら、聞き慣れないさえずりが聞こえた。少し先の梢にその主を発見する。少々枝かぶりだが動くと逃げられそうなのでここで鳴き声を収録する。外形は先に撮影したビンズイに似ているが、鳴き声が違う。

 透き通った感じで心地よい響きだ。ガンマイクをビデオカメラに付けて収録する。案の定、1分後に飛び去ってしまった。帰って図鑑を調べるとアオジとわかった。ここでその鳴き声をお聞かせしよう。(動画はここをクリック

 木の実なる 梢の向こう ぴよぴよと アオジ鳴くなり 透き通る声にて
                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-03-26 23:52 | ホオジロ科

ヒレンジャクの羽繕い

c0047906_21482083.jpg
 近くの公園に来ているヒレンジャク。今日もまだ少数ながら観察されたそうだ。しかも、数メートルの至近距離で撮影できたとのこと、所用で参加できず残念。

 そこで先に撮った羽繕いの場面をお見せしよう。どの鳥もそうだが羽繕いは日課の一つだ。お腹が大きくなったら羽繕いを始める。この鳥はグループで行動するので、仲間も同じ動作をしている。(動画はここをクリック

   満腹に なれば日課の 羽繕い 仲間も揃って 羽づくろいす
                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-03-25 22:08 | レンジャク科

ビンズイ

c0047906_21384228.jpg
 ヒレンジャクを観察していたらそばに来たのがこのビンズイ。「チィー チィー」と鳴いているが、これは地鳴きらしい。姿形はヒバリによく似ているがこちらの方が少し小さくセキレイの仲間だそうだ。(動画はここをクリック
[PR]
by ja3cf | 2006-03-23 21:53 | セキレイ科

ヒレンジャク2

c0047906_19494336.jpg
 まだまだヒレンジャクフィーバーが続く。21日の祝日も県外からカメラマンが訪れている。彼らの根気には頭が下がる。朝から夕方まで、往復の時間を考えると12時間以上も費やしているのだ。BIRDERとしての経験が浅いのでいろいろと教えられることが多い。

 皆さんが撮っている写真を拝見すると同じところで撮影してこんなに違うのかと反省しきり。しかし、腹のところを撮しているのが少ないので今日は赤いお尻の部分をお見せしょう。夕日が当たってよけいに赤みが強くきれいだ。(動画はここをクリック

 ヒレンジャクの 赤き尾羽に 夕日照り ひときわ美し 木の芽ついばむ
                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-03-22 20:07 | レンジャク科

ヒレンジャク

c0047906_22211675.jpg
 関東各地でレンジャクが飛来しているというレポートが届いている。近くの公園で過去に撮影したと聞いていたので注意していた。この週末にそのチャンスが来た。いつものように散歩に行ったら大きな望遠レンズを付けたカメラマンがたむろしている。聞くとヒレンジャクが来ているという。早速、機材を取りに帰り撮影をする。

 ヒレンジャクはグループで行動する。近くの木の上に10数羽やってくるが、梢がじゃましてうまく撮影ができない。そうこうしているうちに一斉に飛び去ってしまった。聞くと次々と木を移り回わってまた戻ってくるそうだ。数時間粘ってやっと数ショットの撮影ができた。レンジャクには2種類あり、尾っぽが赤いのがヒレンジャクで、黄色いのがキレンジャクだがこの数は少ないそうだ。なかなかきれいで人気のある野鳥だ。(動画はここをクリック

  グループで 行動すると言う ヒレンジャク
                   赤き尾を見せ 枝に寄り添う

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-03-20 21:04 | レンジャク科

カンムリカイツブリ2

c0047906_0331672.jpg
 先に見たカンムリカイツブリ、週末に同じところへ行ってみた。いた!しかし、残念ながら近くに来ず、鮮明な撮影はできなかった。相変わらず1羽だけだがカモ類と一緒にいるのがよいらしい。潜って群れと離れてもすぐに戻ってくる。夕日に当たって赤みを帯びていた。(動画はここをクリック

 鴨の群れを 離れてはまた 戻りつつ カイツブリ泳ぐ 夕映えのなか
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-03-19 00:43 | カイツブリ科

ホオジロの正面顔

c0047906_2282798.jpg
 田舎の家に帰ったとき撮影したホオジロ。かなり距離があって鮮明さに欠けるが、正面からの撮影なのでお見せしよう。これを見ていると歌舞伎役者の隈取りみたいで面白い顔だ。(動画はここをクリック

  歌舞伎役者の 隈取りとは 言い得て妙 ホオジロ映す 真正面から
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-03-16 22:16 | ホオジロ科

メジロ3

c0047906_2217632.jpg
 久しぶりに近くの公園で見つけたメジロ。梅にウグイスといわれるが、本当はメジロ。昔から庶民に親しまれている小鳥だ。ただし撮影した木は桜で、少しはつぼみが膨らんでいる。(動画はここをクリック

  その蕾 日々にふくらむ 桜の木に メジロさかさまに 餌を啄ばむ
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-03-15 22:23 | メジロ科