<   2006年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ウチワヤンマ

c0047906_17393726.jpg
 長かった梅雨もやっと明けて暑い夏が来た。岸和田の池にヨシゴイが来ているとの情報で観察に行った。結果は目視ができただけで撮影できる場所に止まらなかった。バンやカイツブリの雛がすっかり大きくなったのと、未だ孵りたての小さいのが同居している。

 この池にはチョウトンボが乱舞しているが、それに混じってヤンマも見かけた。よく見ると普通のヤンマではなく、しっぽが団扇のように拡がっている。その形状からウチワヤンマというのだそうだ。("video" はここをクリック

 団扇の如く 広がるしっぽ 息づきぬ ウチワヤンマは 枯れ枝の上に
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-07-29 17:47 | 昆虫・花・風景・ほか

森の中のホオジロ2 (Siberian Medow Bunting)

c0047906_2240247.jpg
 場所は違うが杉のこずえで鳴いていたホオジロ。ここは和歌山県の北山村。全国で唯一飛び地となっている紀伊半島の真ん中にある過疎の村だ。ここで地鳴きとさえずりの2種類の鳴き方をしているホオジロを撮影した。その場面をゆっくりお聞かせしよう。("video" はここをクリック

 嬉しいことに海外(イタリア)の野鳥Webにリンクを張ってくれた。しかし、日本語が読めないので動画を掲載しているとは知らずに野鳥画像のWebと勘違いしているようだ。そこで最小限の英語説明を加えることにした。

 北山の 杉の秀(ほ)たわめて ホオジロの 地鳴きと囀り 珍しく聞く
 ホオジロの 重みにしなう 杉の秀を 揺らして森に さえずり冴える

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-07-26 22:50 | ホオジロ科

森の中のホオジロ (Siberian Medow Bunting)

c0047906_20503595.jpg
 先に紹介したキャンプ地で撮影したホオジロ。杉のこずえで盛んにさえずっていた。やっぱり緑の中の野鳥ははえる。紀伊半島の中部なので、珍しい野鳥を期待していたがそれは報われなかった。("Video" はここをクリック

  キャンプする 巡りの杉の こずえにて ホホジロ囀る 天を仰ぎて
  週末を キャンプに来たる 森の中 期待の野鳥に 出会えず帰る

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-07-21 20:59 | ホオジロ科

セミしぐれ

c0047906_2143890.jpg
 この週末、娘家族とキャンプに行った。そこは有田川の上流域で、杉林の中にキャンプ場を設営している。翌朝、異様な鳴き声で目が覚めた。ヒグラシが一斉に鳴き出したのだ。未だ夜が明け切らない、午前4時半だ。

 まさにセミしぐれだ。しかも、ヒグラシの音シャワーは都会では絶対に味わえない。テントからはい出てこの自然の恩恵を満喫する。しかし、10分後にはぴたりと止んでしまった。これはどういうことなのだろうか、わからない。ビデオカメラに録音したので全長わずか3cmのすごい鳴き声をお聞かせしよう。("Sound" はここをクリック

   この夏に 始めて聞きし 蝉時雨 ブログの中の 録音に聞く
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-07-18 22:42 | 【特別編】

オーストラリアセイタカシギ4 (Black-winged Stilt)

c0047906_13461598.jpg
 昨年、ケアンズで撮影したオーストラリアセイタカシギ。日本で見ることのできるセイタカシギと姿形がよく似ているが、こちらの方が頭が白い。オオリュウキュウガモやマミジロカルガモと仲良く餌をあさっていた。("Video" はここをクリック

 オーストラリア セイタカシギの コントラスト 一際映えて 水中漁る
 水の面に 姿映しし セイタカシギ 異なる野鳥と 仲良く漁る

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-07-15 13:59 | オーストラリアの野鳥

たくましくなったバンの雛 (Little Glebe)

c0047906_17691.jpg
 先週末撮影したバンの雛。2週間たつとすっかりたくましくなって自分で取った餌を突いていた。よく見ると大きなザリガニで、あまりの大きさで引きちぎった爪を飲み込むことができないのだ、がんばれ!。("Video" はここをクリック

  巨大ザリガニに 果敢に挑む バンの雛 二週間経て 大きく育つ
  バンの雛の 頭ほどなる ザリガニの 爪を咥えて 持て余しおり

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-07-13 17:13 | クイナ科

バンとカルガモの親子

c0047906_19581638.jpg
 久米田池で2週間前の撮影。岸辺にバン親子とカルガモ親子が仲良く餌をあさっていた。ここではこれ以外にカイツブリと3種類の野鳥が子育ての真っ盛り。もちろん、手前がカルガモで向こうの方がバンの親子だ。("video" はここをクリック

  久米田池は 野鳥の楽園 カイツブリ
            ・ カルガモ ・ バンら 雛をはぐくむ
  それぞれが 雛育てつつ 久米田池に
              穏(おだ)しく生きる 野鳥の仲間は 
  そよぐ葦の 中より出でて 一列に バンの親子ら 餌を啄ばむ

                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-07-11 20:08 | クイナ科

久米田池で・・・

c0047906_23371130.jpg
 この頃よく紹介する久米田池。ここは岸和田市の郊外にある円形の大きな農業用ため池である。今日はそこで撮影した付近の風景の入ったカイツブリの動画を紹介しよう。("video"はここをクリック

   広々と 対岸映す 久米田池の 葦むら近く カイツブリ浮く
                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-07-08 23:47 | カイツブリ科

カルガモの親子2 (Spotebill Dack)

c0047906_20135054.jpg
 久米田池で撮影したカルガモの親子。親鳥と一緒に泳いでいた小ガモたちが何かにおびえて突然岸に向かって泳ぎだした。というより駆けだしたという表現の方がぴったしだ。そのスピードの速いこと!。彼らは生まれながらにして外敵から身を守るすべを持っているのだ。("video"はここをクリック

  何事に 驚きたるか カルガモの 雛一目散に 泳ぐ速さよ
  突然に 駈けるがごとく 泳ぐ雛 遅れる一羽も 群れに追いつく

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-07-06 20:23 | カモ科

コフキコガネ

c0047906_2010526.jpg
 週末、梅雨の晴れ間に近くの河川敷に行った。すっかり日差しが強くなって珍しい野鳥は見当たらず、収穫のないまま家に帰った。都会の真ん中に住んでいるが小さな庭を持っている。その緑に色の変わったコガネを見つけた。
c0047906_2020135.jpg
 コフキコガネだった。クローズアップして撮したら立派な角を持っており、腹にはびっしりと細かな毛が生えているのがわかる。(画像をクリックで拡大)

コフキコガネ クローズアップに して見れば 扇子のごとき 角を持ちおり
                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-07-03 20:25 | 昆虫・花・風景・ほか