<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ショウジョウトンボ

c0047906_11294996.jpg
 朱紅色をした体色からショウジョウトンボと名付けられた。体だけでなく頭から目玉まで赤い。開発で沼地が少なくなり、山の中に人工的に作ったトンボ池で撮影した。赤とんぼより少し大きく、風に揺られてゆーらゆら。("video" はここをクリック

  強き風に 抗(あらが)う如く ショウジョウトンボ
                    葦に縋りて 共に揺れいつ

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-08-26 11:48 | 昆虫・花・風景・ほか

ビデオ編集期待のCPU(Core2 Duo)

c0047906_981290.jpg 昨日に続いてハード関係のレポートをしよう。ハイビジョンカメラを使用するようになってその画質のすばらしさでDVカメラでの撮影はほとんどしなくなった。しかし、このシステムに大きなネックがある。

 それはあまりにも高画質なので画面の容量は大きくなり、編集に使うパソコンのハードルが極端に高くなったことだ。現状は最高級のパソコンでないと快適なハイビジョン編集ができなかった。中でも一番重要なものは心臓部に当たるCPUの性能だ。

 8月5日にインテルが新しいCPUを発売した。この「Core2Duo」は2つのCPUを搭載した製品で、今までより40%処理能力が高く、しかも消費電力が40%少なくなるといううたい文句だ。その上価格も比較的安くて画期的なCPUなのだ。

 このCPUを搭載したパソコンは今秋から続々発表されてくる。特にハイビジョン編集に効果が大きい。10万円台のパソコンで快適な編集ができる時代到来を大いに期待しよう。
[PR]
by ja3cf | 2006-08-25 09:41 | ハイビジョン撮影

GITZO雲台G2380はビデオ用でない

c0047906_21142117.jpg
 現在予備三脚の雲台としてGITZOのG2380を使っているが、新製品のG2180は1kgも軽くて使いやすいという評判で購入した。確かに軽くて動きもスムースなのだが、ビデオ雲台として大きな欠点があることがわかった。

 それは水準器がついていないことで、野鳥撮影の場合だと少し傾いていても目立たないが、一般的なビデオ撮影だと、まず水平がとれていることが基本になる。これができないということは、この雲台はビデオ用ではなくてデジカメ用に作られたと解釈すべきだろうか。
c0047906_21144073.jpg
 最近は大型テレビが普及して、ビデオ画面の水平が今までより目立つようになってきた。幸い私の場合は水準器付き補助雲台SLIK・DQ-Sを持っていたのでこれをつけて撮影することにした。しかし、G2180とDQを一緒に購入するとかなりな出費となる。ビデスコ用にこの雲台を検討している方は、このことを考えるべきだ。
[PR]
by ja3cf | 2006-08-24 21:25 | ビデスコについて

ムナジロクロサギ (Pied Heron)

c0047906_20487.jpg
 ケアンズで撮影のムナジロクロサギ。顔から首が白く、全体は濃い灰色で足が黄色い。水草広がる沼地に他のサギ類と一緒にたたずんでいた。(最初はカオジロサギと書いていたが、判定をいただき訂正した)("video" はここをクリック

 水草の 覆う水面に ムナジロクロサギ ゆっくり脚を 運びて立てり
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-08-19 20:48 | オーストラリアの野鳥

コムラサキ

c0047906_22203512.jpg
 お盆のため田舎の家に1週間帰っていた。長らく使っていなかったのでエアコンもTVも故障してしまい結構な出費となった。その上、いつも使っていたノートパソコンもハードディスクがクラッシュして、全くネット情報なしの生活を送った。

 隣町の山中にトンボ池があったことを思い出し、観察に行ってきた。大して珍しいのがなくてトンボ3種と蝶2種を撮影した。その中からコムラサキを紹介しよう。最初はこの蝶をヒメアカタテハとしたが、コメントのように知人がコムラサキと判定してくれ、訂正することにした。愛鶴さん、ありがとう!。今後ともよろしくね。

  角度により 羽色美しく 変化して 鮮やぐコムラサキ 羽を休めり
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-08-15 22:43 | 昆虫・花・風景・ほか

ズグロトサカゲリの鳴き声 (Masked Lapwing)

c0047906_17372230.jpg
 ケアンズの公園で撮影したズグロトサカゲリ。特異なマスクをしているこの鳥の鳴き声を明瞭に撮影した。ネットで調べてみたがこの鳥の鳴き声を載せているところが見つからない。結構珍しいと思われる。("video" はここをクリック

 ケケケケと 鳴き声マスクも 特異なり スグロトサカゲリ 幾たびも見る
                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-08-08 00:48 | オーストラリアの野鳥

キバタン2 (Sulphur-crested Cockatoo)

c0047906_2043183.jpg
 ケアンズで昨年撮影したキバタン。鳥名は黄色い冠のオウムという意味だそうだ。なかなか愛嬌のある姿で、公園のこずえに止まってさかんに羽繕いをしていた。("video" はここをクリック

   見事なる 黄の冠を 揺らしつつ キバタン梢に 羽繕いする
                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-08-07 20:52 | オーストラリアの野鳥

ナンヨウショウビンの鳴き声 (Collared Kingfisher)

c0047906_21451559.jpg
 東南アジアやオーストラリアでの野鳥観察では、カワセミ類を数多く見ることができるのが魅力だ。昨年の12月にケアンズに行ったとき、一番長く見ることができたのはこのナンヨウショウビンだった。

 市内のセンテナリー公園では、早朝から観察することができた。この時期は恋の季節。求愛給餌もカップル誕生も見ることもできたのがラッキーだった。ではそのとき撮影したナンヨウショウビンの鳴き声をお聞かせしよう。("video" はここをクリック

甲高き 声に鳴きつぐ ナンヨウショウビン ケアンズの公園の 木立の枝に
                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-08-04 22:05 | オーストラリアの野鳥

チョウトンボ2

c0047906_13153588.jpg
 昨年もこの時期に紹介したチョウトンボ。このトンボは岸和田の久米田池にはたくさん乱舞している。クローズアップしてみると羽の付け根付近の金属光沢色が見る角度で緑や紫などいろんな色に変化してきれいだ。羽の先が透明なので、飛んでいる姿がチョウに似ているところからこの名が付けられたのそうだ。("video" はここをクリック

  透明の 羽先の見えず 蝶の如 チョウトンボ飛ぶ 色変化して
  体操選手の 演技の如く 静止して チョウトンボ揺る 草の葉末に

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-08-01 13:23 | 昆虫・花・風景・ほか