<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

カワセミの親子 (Common Kingfisher)

c0047906_19313825.jpg
 先日から掲載しているマイフィールドのカワセミ。やっと同じ画面に2羽を入れることができた。公園の竹の柵に止まっているのが親子。手前が若鳥で、向こう側は下くちばしに僅かに赤みがあるのでメスの親鳥と思われる。

 カワセミは縄張り意識が強いので、このような姿を見るのもあと僅かだろう。カワセミは水面を水平に鳴きながら飛ぶことが多い。("video" はここをクリック

   羽色の 微妙に違う カワセミの 親子撮りたり 同一画面に
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-09-30 20:33 | カワセミ科

身近で見るカワセミ (Common Kingfisher)

c0047906_2118874.jpg
 近くの公園にカワセミが戻ってきて散歩が楽しくなった。いつ行ってもたいてい観察できるというのは嬉しいことだ。ここには3羽の親子が住み着いていることがわかってきた。しかし、止まっているところが撮影場所から遠いことが多く、なかなかいい場面で撮影できるチャンスが少ない。

 最初は単にカワセミを映せたらよいということから、だんだんと欲が出てくる。できるだけ至近距離から撮影したいとか、よい背景で絵になる風景を映したい。そして飛び込んで獲物をキャッチするところをアップで撮りたいとグレードアップする。

 今回はその一つである至近距離から撮影ができた。距離は7mほど、少し高い位置からの撮影で、背中の緑やブルーの色が見る角度で変化してきれいだ。カワセミは小魚やエビを捕って食べるが、消化しないものをペレットにして口から出す。撮影時間が僅かだったのでそのシーンを少しスローでお見せしよう。("video" はここをクリック

 未消化の 餌を口から 吐き出だす その瞬間の カワセミ写す
 翡翠の如き 羽うつくしき カワセミの 俄か岩より 飛び立ちゆきぬ

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-09-27 21:37 | カワセミ科

サメビタキ (Sooty Flycatcher)

c0047906_20444953.jpg
 近くの公園にカワセミが帰ってきた。それを楽しみに観察していたら、突然そばの木に小鳥が止まった。急いでカメラを向けたらすぐに飛んでしまった。なかなかじっとしていない鳥だ。

 後で調べるとサメビタキとわかった。英名のとおり、飛びながらくちばしで虫を捕まえているのだ。いつも見かけないので、渡りの休息地として来ているらしい。少し小さいコサメビタキとよく似ているが、こちらの方がくちばしが短く、アイリングがはっきりしている。鳴いていたが周囲の騒音で録音はできなかった。("video" はここをクリック

 飛びながら 虫を捕らえる サメビタキ おおき黒き目 愛らしきかな
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-09-26 21:09 | ヒタキ科

チュウサギの飛翔 (Intermediate Egret)

c0047906_222218100.jpg
 久しぶりに久米田池愛鳥会の探鳥会に参加した。未だ冬鳥が飛来が少なかったが、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモなど15種類の鳥を観察することができた。

 今日はよく見ているが未だ本格的に掲載していなかったチュウサギを紹介しよう。一般的な白鷺には大きい方からダイサギ、チュウサギ、コサギがある。その中でチュウサギが一番見る機会が少ない。池の浅瀬で羽を拡げて動き回って飛び上がるところを撮影できた。("video" はここをクリック

  久々に 来し久米田池 チュウサギの 湿原駈けて 今し飛びたつ
  チュウサギの 羽ばたく姿 美しき 水の面蹴りて 飛び発ちにけり

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-09-24 22:37 | サギ科

カルガモ8 (Spotebill Dack)

c0047906_22364915.jpg
 よく行く池に冬鳥の飛来がないか見に行った。残念ながらそれらしい鳥が見つからず。かわりに10羽ほどたむろしていたカルガモを撮影した。水面に映った水草の緑の陰に泳ぐ鴨の姿が美しい。("video" はここをクリック

  冬鳥の 飛来たしかめんと 来し池の 葦の葉陰に カルガモの群る 
  みどり濃き 葦むら映す 水の面に カルガモ群れり 姿うつして

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-09-22 22:46 | カモ科

カワセミ・三脚なしで撮影実験

c0047906_1263373.jpg
 マイフィールドのカワセミ、スコープと三脚なしでどれだけ映せるか実験してみた。距離は50m以上ある。ハイビジョンカメラHDR-HC3にテレコンバージョンレンズを取り付けて撮影した。撮影倍率は約40倍。これでは手持ちは全く駄目なので、そばの柵にカメラを乗せて手で固定した。

 この状態ではなかなか安定した撮影はできない。その中から比較的よい場面を編集してみた。編集に使っているソフト「ADOBE Premiere Pro」には手ぶれ補正ソフト「Steady Move」がついている。これを使ってどれだけ安定するか実験してみた。

 はじめの部分は補正なしで、後半は同じ場面を補正している。デジカメの電子補正と同じ原理で、表示画面を小さくして撮影部分との差を利用してぶれを少なくしているのだ。7%補正しているため拡大画面となっているがかなりの効果が出ている。ただし、この機能を使うとそれだけ画質が落ちる。("video" はここをクリック

 さまざまな 工夫凝らして カワセミを 撮れり スコープ三脚 使わず
                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-09-16 15:06 | カワセミ科

黒と白

c0047906_21271114.jpg
 よく見かける鳥もちょっとしたしぐさや状況で絵になる。嫌われ者のカワウもそばに白鷺が止まると黒と白の対比で楽しい風景となった。この白鷺はチュウサギと思われるが、ダイサギ、チュウサギ、それとアマサギやクロサギも白いのがあってなかなか判定が難しい。("video" はここをクリック

  それぞれが 向きをたがえて 紀の川の 河原に立つ カワウと白鷲
  羽の色 対照的に 白鷲と カワウ並べり 紀の川べりに

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-09-11 21:41 | ウ科

シラオラケットカワセミ (Buff-breasted Paradaise-Kingfisher)

c0047906_22501994.jpg 今日は世界でもっとも美しいカワセミといわれるシラオラケットカワセミを紹介しよう。昨年の12月、私たちはケアンズへ野鳥撮影に行った。前年も行ったが、残念ながらこのカワセミを撮影できなかった。2回目の訪問で撮影できたのはホントにラッキーだった。

 カワセミは野鳥ファンにとってはあこがれの鳥だ。カワセミというだけで目の色が変わるバーダーが多いのだ。世界にいろんなカワセミの仲間がいるが、シラオラケットカワセミはその頂点に君臨する。それは鮮やかな色彩と白くて長い尾羽を持っている優雅な容姿のためだ。

 撮影できた個体はどうしたことか尾羽は短かった。そこで一緒に行った仲間の画像をお借りして全身をたっぷりお見せしよう。それにこの鳥の鳴き声は入っていないが、撮影時の雰囲気を伝えたいので現地音も入れておく。(画像はきっどさん提供)("video" はここをクリック

  カワセミの 頂点に立つと 言われる シラオラケットカワセミ
                       ケアンズの緑陰に映ゆ

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-09-05 00:08 | オーストラリアの野鳥

カワセミが戻った (Common Kingfisher)

c0047906_14451456.jpg
 久しぶりにマイフィールドにカワセミが戻ってきた。その場所は近くで橋工事をしていたので寄りつかなくなっていたが、それが完成してやっと戻ってきたのだ。散歩途中の観察で、ビデオは撮れなかった。

 鳥見ファンに絶対的人気があるこの鳥は、いつ見てもカワイイ。この鳥に出会うとその日一日がハッピーな気分になるのは私だけではないようだ。まさに幸運の鳥・ブルーバードだ。

 橋の工事 終わりし道を 散策す 久々に会う カワセミの姿
 幸運の 鳥とぞ思う ブルーバァード 橋工事終われば 戻りて来たり

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-09-03 15:17 | カワセミ科

バン幼鳥 (Common Moorhen)

c0047906_14244631.jpg
 月日の経つのが早く今年ももう9月になった。貴志川の平池へ行ってきた。ここで7月に孵った雛がすっかり成長して幼鳥として元気に泳ぎ回っていた。おかしなもので生まれたときは、親鳥に似てくちばしが赤かったが幼鳥ではそれが消えている。飛んでいる昆虫を追っかけて捕まえた。("video" はここをクリック

   七月に 孵りしバンの 成長し 訪ね来し平池に 昆虫を追う
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-09-02 14:40 | クイナ科