<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カモメ (Common Gull)

c0047906_052123.jpg
 先日、久しぶりに故郷で早春の海岸を散歩した。いつも見るカモメの風景だがこの鳥も種類が多い。その中で単純にカモメというのはこの鳥だ。地元の海岸ではウミネコとともによく見かける鳥だ。("video" はここをクリック

  広川の 浅瀬に群れて 立つカモメ それぞれ 真白き 影映しおり
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-03-30 23:11 | カモメ科

作品「春らんまん」

c0047906_23185358.jpg
 いよいよ花のシーズンがやって来た。今日は雨上がりに近くの和歌山城へ様子を見に行った。まだつぼみで、部分的に開花しているのを見つけた。見頃まであと1週間はかかるようだ。

 そこで一足早く、昨年の4月に撮影した和歌山城の桜をお見せしよう。花と一緒に撮影した野鳥と併せて短編に仕上げてみた。上映時間6分の作品なので「ドガログ」に掲載した。

(下図の画面中央をクリックで動画がスタートする/大きく表示したいときはここをクリックする


   美しき メロディの中 満開の 桜と小鳥 画面を散策す
                    引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-03-25 22:06 | 【特別編】

ヨシガモ (Falcated Duck)

c0047906_21181589.jpg
 岸和田の久米田池で撮影したヨシガモ。マガモやヒドリガモと一緒に泳いでいた。画像の2羽が雌雄、オスは頭が光沢のある鮮やかな緑色で、ナポレオンの帽子をかぶったような形なので「ナポレオンヘッド」と呼ばれている。

 この撮影は新しいスコープKOWAのTSN-774の初撮りだが、当日は風が強くて条件は悪く、撮影場所もよくなかったのであまり鮮明に映らなかった。("video" はここをクリック

  ナポレオンヘッドと呼ばれる ヨシガモの すいすい泳ぐ 影伴いて
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-03-24 21:37 | カモ科

オオハクチョウの飛翔3

 動画のアップロードでドガログの利用がうまくいったので、先にお見せしたオオハクチョウの飛翔場面を一本につないでみた。このような小作品を掲載できるので、これからもときどき長めのものをお見せすることにしよう。

(下図の画面中央をクリックで動画がスタートする/大きく表示したいときは下の一時停止ボタンを押して動作を止め、再度画面をクリックすると別画面で表示する


  川面(かわも)飛びたち つぎつぎ家並み 大飛翔
                  オオハクチョウは 水辺に降りぬ

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-03-20 00:16 | ハクチョウ科

新スコープTSN-774をゲット!

 ビデスコをはじめてからずっとKOWAのフィールドスコープTSN-664を使ってきた。このスコープは画質もよく、軽量で気に入っている。しかし、もう一回り口径の大きなTSN-824と比べると鮮明さ、明るさに差があった。

 最近になってKOWAから口径77mmのTSN-774が発売になった。このスコープは対物レンズに特殊低分散性をもつXDレンズを採用したメーカーの自信作とのことだ。TSN-664に比べると、大きさがあまり変わらず重量が少し重いだけだ。これなら今までと同じ環境で使えそうだと購入することにした。(TSN-774の詳細についてはKOWAプロミナーのページを参照のこと)
c0047906_10364236.jpg
 まだ、本格的に使用をしていないが、現用品と同じようにマウントプレートを親友のパラダイスさんに作ってもらったのでそれをお見せしよう。ついでに照準器も高輝度タイプに変更した。モニーターのすぐ上の位置に取り付けたので、両方を同時に見ることができようになった。

 このスコープはピント合わせのノブが2段になっており、微調がやりやすくなっている。これだと、照合がかなりスムースなると思われる。このスコープの対眼レンズは、TSN-664と同じでTSN-VA2よりTSN-VA1の方がけられや周辺減光する範囲は少なく、しかも倍率が低いので使いやすい。

 ご存じのように、デジスコやビデスコだとオートではピントは合わない。必ずスコープのノブを回して照合することが必要になる。このシステムでどれだけよいのが写せるか、今から楽しみにしている。
[PR]
by ja3cf | 2007-03-19 10:41 | ビデスコについて

千客万来

 このBlogを提供してくれているExciteがDogalog(ドガログ)という動画の配信を始めた。ここを利用したら少し長めの動画も送れることがわかり使ってみた。先に掲載した水がめに集まる野鳥を撮影した続編だ。

 最初にヒヨドリが来て水浴びをする。その次にヒレンジャクが集団で来た。最後にはメジロたちがやって来て盛んに水浴びをする姿をご覧いただこう。そばでは一緒に撮影したカメラマンたちが一斉にシャッターを切っていた。

(下図の画面中央をクリックで動画がスタートする/大きく表示したいときは下の一時停止ボタンを押して動作を止め、再度画面をクリックすると別画面で表示する

 その後はこの場所に観察に行くが、ヒレンジャクだけでなく他の野鳥もあまり近寄らない。野鳥にもやっぱり旬というものがあるようだ。

  種類の違う 野鳥つぎつぎ 水がめに 水を飲みては 水を浴びおり
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-03-16 21:07 | レンジャク科

カワラヒワのさえずり (Oriental Greenfinch)

c0047906_22461625.jpg
 とある公園のカワラヒワくん。
 体全体をふるわせながら力いっぱいさえずっている。
 右を見たり、左を見たり。
 お腹をつついたり、頭を右足でかいたり、左足でかいたり。
 何でそんなにせわしいの、カワラヒワくんは。
 ("video" はここをクリック

 尾を振りて しきりに囀る カワラヒワ 合い間合い間に 羽繕いせわし
                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-03-14 23:03 | アトリ科

イカルの鳴き声

c0047906_16243123.jpg
 近くの公園にイカルの群れが来ている。太くて黄色いくちばしが特徴で、よく地面に降りて木の実をつついている。1羽だけ木にとまってさえずっているところを撮影ができた。

 鳥の鳴き声は人によっては聞こえかたが違うようだ。私はこの鳥は「キコーキ・キー」と鳴いているように聞こえるが、みなさんにはどう聞こえてる?。
では、その場面をお見せしよう。("video" はここをクリック

人の声に 反応するがに イカル鳴く キコーキ・キー リリーフ・ピーとも
                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-03-08 16:28 | アトリ科

アカウソ

c0047906_23285872.jpg
 岸和田の公園で撮影したアカウソ。盛んに桜の新芽をついばんでいる。オスは首の周りが鮮やかなピンクで、きれいな鳥だ。しかし、多く飛来するところでは新芽をどん欲に食い荒らすので害鳥とされていた。

 胸の部分がウソよりも赤みがあることでアカウソといわれている。これは真っ赤な嘘ではありませんよ。その他はほとんど同じようだ。後半に出てくる左側の鳥はメスで、他の野鳥と同じように地味な色をしている。("video" はここをクリック

  開花待つ 桜の蕾 次々と 啄ばむアカウソ 淋しく眺む
  どの鳥も 雄が美し アカウソの 二羽それぞれに 新芽啄ばむ
                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-03-04 23:45 | アトリ科