<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

オオルリとの出会い (Blue-and-white Flycatcher)

c0047906_21541289.jpg
 いよいよ大型連休が始まった。幹線道路は観光と帰省で混雑している。大阪府下のとある場所で、オオルリが見られるとの情報で早速行ってきた。

 そこには大きな楠が何本も茂っている。その下は広い空間となっており、撮影に都合がよい。待つことしばし、近くの桜の枝に鳥がとまった。オオルリのオスだ!。スズメより一回り大きく、鮮やかな瑠璃色の背中と白い腹がきれいで人気のある鳥だ。

 オオルリは英名のとおり飛びながら羽虫を捕まえて食べるが、地面に降りて獲物も捕っていた。ここでは数羽見ることができた。よく聞くと「ジュジュ」とか細い声で地鳴きしていた。また、挑戦して今度はきれいなさえずりをばっちり取りたいな。("video" はここをクリック

  オオルリの コントラストの 鮮やかに 桜の若葉に 映えて止れり
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-04-30 07:25 | ヒタキ科

裏技・古いパソコンでハイビジョン編集

c0047906_1525419.jpg
 ハイビジョンカメラが安くなってユーザーが急速に増えた。だが、ハイビジョンのままで編集している人は極端に少ない。それはあまりにもハイビジョンで編集できるパソコンのスペックが高く、とても今持っているパソコンでは編集ができないと諦めている人が多いためだ。(続きを読む)

  型古りし パソコン使い ハイビジョンの 編集のわざ 紹介される
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-04-28 15:32 | ハイビジョン撮影

ヘキチョウ (White-headed Munia)

c0047906_21305181.jpg
 新緑がきれいな季節になった。近くの公園へ散歩に行くと、まだシロハラが1羽、植え込みの間をちょこちょこ歩いていた。しかし、動画でお見せできるものがなかった。

 そこで昨秋マレーシアのランカウイ島で撮影したのをお見せしよう。道路脇の街路樹に小鳥が出入りしている。そのうちの1種類は、ここに掲載するヘキチョウ。体の下半身は焦げ茶だが、上半身が真っ白で目が黒くて愛嬌がある。頻繁にこの木の奥に潜り込むので、中で巣作りをしているようだ。("video" はここをクリック

繁み隠れに 巣づくりするか ヘキチョウは しきりに出入りす 木立の奥へ
                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-04-24 21:50 | マレーシアの野鳥

ビンズイの身繕い (Olive-backed Pipit)

c0047906_17553313.jpg
 岸和田の公園で出会ったビンズイ。枝の上で盛んに身繕いをしている。くちばしでお腹を突いたり、羽を広げたり、頭をかいたり。最後は全身の毛を立てて大きくなった。("video" はここをクリック

 胸毛から 頬掻き尾羽へと いそがしく ビンズイ枝にて 羽繕いする
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-04-19 17:58 | セキレイ科

大阪バードフェスティバル2007

c0047906_21321759.jpg
 大阪市の長居公園内にある大阪市立自然史博物館で「大阪バードフェスティバル2007」が開催された。私たちの久米田池愛鳥会も参加したので今日行ってきた。会場には野鳥に関係するいろんな団体が出展している。野外ではスコープや双眼鏡のメーカーが最新機を展示・実演して賑わっていた。イベントではデジスコドットコムの石丸先生ことターボさんの「コンパクトデジタルカメラとスコープで始める超望遠撮影」が、会場に入りきれない人が出るほどの盛況だった。
c0047906_21432914.jpg
c0047906_22461683.jpg
 私たちのブースも大勢の見学者が訪れ、中でもメンバーの豊嶋さんが製作した「ドングリで作る野鳥」は可愛らしいと大人気で、作り方を教えて欲しいと熱心に質問している人が多かった。この催しは15日(日)も開催されているので関西の方はぜひ出かけてみては如何。

愛鳥家 集いてバードフェスティバル ドングリで作る 野鳥も参加す
ブルーの色 ひときわ冴えて どんぐりで 作られしセキレイ 鮮やかに飛ぶ

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-04-14 21:54 | 【特別編】

シロハラ (Pale Thrush)

c0047906_17325668.jpg
 先に紹介したアカハラと同じツグミの一種にシロハラがある。アカハラとはお腹の部分が白いだけでかなりよく似ている。ほぼ全身が灰褐色で、名前のとおり腹部が白っぽい。ツグミと同じように地面に降りて虫や木の実などを食べている。("video" はここをクリック

  つぶらなる 瞳愛らし シロハラは 小首かしげて 落ち葉に立ちぬ
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-04-12 11:14 | ツグミ科

2007花と野鳥3

c0047906_215037.jpg
 同じ鳥でも花が変われば趣が変わる。バックの緑とピンクの桜を啄んでいるヒヨドリは、なかなか色鮮やかな風景だ。("video" はここをクリック

   桜の花 くわえて捨てて 又啄む ヒヨドリ巡りの 万緑に映ゆ
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-04-07 21:59 | ヒヨドリ科

2007花と野鳥2

c0047906_17485923.jpg
 桜の花に群がるメジロ
 やっぱりこの鳥は花とよく似合う
 ちょこまかちょこまか 枝から枝へと
 少しはじっとしてちょうだい 映せはしないよ
 アー みんな飛んで行っちゃった

 ("video" はここをクリック

   満開の 桜の花を 渡りいし メジロせわしく 枝離れたり
                    引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-04-03 20:22 | メジロ科

2007花と野鳥1 (Brown-eared Bulbul)

c0047906_1811728.jpg
 待ち遠しかった桜が満開になった。いつも行く公園へカメラを担いで花見だ。野暮ったい鳥でも花のそばでは絵になる。その代表選手がこのヒヨドリ。この日に桜へ来た鳥は3種類。その中でも最も長く花を突いていたのはこの鳥だった。("video" はここをクリック

  桜に来て もっとも長く居し ヒヨドリ 花芯の密を ひたすら啄む
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-04-02 18:08 | ヒヨドリ科