<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

間近で見るオオハクチョウ

c0047906_1710049.jpg
 1羽で飛来しているオオハクチョウ。気になって週末に覗きに行った。元気に泳いでいる。観察しているとすぐそばまで近づいてきた。おかげでじっくり撮影ができた。

 日本で見られる野鳥では最も大きいだけあって、さすがに迫力がある。ビデスコでは近すぎて画面に入りきらない。慌ててスコープを取り外した。("video" はここをクリック

 日本で 見られる野鳥で 最大の オオハクチョウを アップで撮りぬ
 寒き風に せせらぐ平池 オオハクチョウ 人怖じもせず 羽繕いする

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-12-29 17:17 | ハクチョウ科

オオハクチョウが帰ってきた!

c0047906_22453925.jpg
 オオハクチョウが帰ってきた!。昨年、和歌山(紀の川市の平池)にはじめて飛来したオオハクチョウ(幼鳥)。地元では冬鳥の話題を独占した。10数回撮影した動画を編集して9分間の作品を作った。それが好評で、月刊誌「ビデオSALON」の読者投稿欄で「Excellent賞」を受賞した。そのナレーションでは「来年はたくましく成長して帰ってきて欲しい」と締めくくった。

 まさか帰るとは思わなかったのに、本当に帰ってきたのだ。情報をもらってあわてて観察に行く。いた!一羽だけだが悠然と泳いでいる。よく見たら昨年よりもずいぶん白くりっぱだが、まだ首が薄茶色なので若鳥だ。それに人を恐れず岸のそばに来ているところを見ると、昨年飛来したうちの1羽に間違いない。

 それにしてももう1羽はどうしたのだろう。昨年飛来したのは11月の中頃だったから1ヶ月遅い。旅の途中だろうか、それとも昨年のように3月頃まで居着くのか。今度もじっくり観察することにしよう。("video" はここをクリック

  昨年は 話題独占の オオハクチョウ 今年も一羽 帰ってきたり
  もう一羽は どうしているの オオハクチョウ
                昨年(こぞ)より白く 立派になれり
  澄む水面(みなも)に 影映しつつ オオハクチョウ
                      悠然として 平池に泳ぐ

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-12-21 23:09 | ハクチョウ科

ヤツガシラの冠羽

c0047906_20105569.jpg
 ヤツガシラだとやっぱり冠羽が立ったところを見たいという願望が強い。今回の撮影ツワーで数回そのシーンがあった。真後ろからの場面が2回で、横から撮影できたのはこれだけだった。

 ホテルそばの畑で、夜明け直後の逆光なので色が乗っていなく、最悪だったがやっぱり見ていただこう。("video" はここをクリック

 朝明けの 光をバックに ヤツガシラの 見事な冠羽の 立つを撮りたり
                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-12-17 20:28 | ヤツガシラ科

金門で出会ったヤツガシラ

c0047906_21312360.jpg
 日本では珍鳥としてバーダーに人気のあるヤツガシラ。台湾の金門島では普通に見られる野鳥だ。10月に行ったとき、2日間で数回出会うことができた。私にとっては初めて見る野鳥だ。

 ヤツガシラの象徴は扇状に広がる豪華な冠羽だが、なかなか開いてくれない。地面を突いて餌をついばみながらせかしく移動する。一瞬たりとじっとしていない。撮影したところはぶどう畑で、ここでは2羽と出会えた。
"video" はここをクリック

  扇状に 広がる 冠羽 珍しき ヤツガシラ啄ばむ キツツキの如く
  葡萄畑に 長きくちばし 深々と ヤツガシラ啄ばむ 土中の虫を
  いそがしく 虫を啄ばむ ヤツガシラ 豪華な冠羽 おしゃれな縞柄

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-12-14 21:53 | ヤツガシラ科

Edius NeoでAVCHDが編集できた!!

 ビデオ仲間から最新のEdius Neoでハイビジョンの新しい方式であるAVCHDのノンリニア編集が簡単にできるということだった。これは朗報だ!。

 今までずーとビデオカメラはDV方式でテープに記録するものだった。それが数年前に小型のハイビジョンカメラが開発され、HDV(テープ)方式のカメラを私たちが使えるようになった。しかし、カメラを簡単に買えるようになったのだが、HDVでハイビジョン編集をできている人はまだごく僅かなのだ。

 時代がどんどん進歩して、テープ(HDV)は影を潜め、現在の主流はAVCHDカメラに移っている。この方式だとメディアに関係なく記録ができるからだ。ハーディスクやDVDそれにメモリーカードが記録媒体となってきている。ほんとにその進歩はすごい。

 いま使っているパソコンのCPUはペンティアム4の3.20GHzである。今時そんなの古いと言われそうだが、3年前では最強のマシンだったのだ。これでもプレミアプロ1.5で何とかHDV編集ができている。しかし、AVCHDとなると全くお手上げだった。考えるところがあって新しいマシンを買うのは来春以降と決めている。
c0047906_23142723.jpg
 そんなときにEdius NeoでAVCHDの編集ができるとの情報だ。スペックを見るとこの古いPCでも動くとわかり、早速入手して使ってみた。カノープスの編集ソフトは以前に使ったことはあるが、これは全く新しい構造だ。5時間ほどがんばって何とか2分の作品を完成した。メモリーカメラのHDR-CX7からデータを取り込んで、完成したファイルをHDR-HC3でテープへ書き込むことにも成功した。

 まだまだわからないことがいっぱいだが、現時点ではこのソフトがAVCHDの編集で最強のソフトだといえる。いまからビデオカメラの購入を考えている人はAVCHDで自分の気にいったメディアをやっと選べるようになった。

  日々進歩 ハイビジョンの 新方式 記録が容易に なりきて楽し
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-12-08 23:18 | ハイビジョン撮影

和歌山城の紅葉

c0047906_715338.jpg
 和歌山城はいま紅葉の真っ盛りで、連日観光客で賑わっている。城内には紅葉渓庭園があり、ここの楓が紅葉して美しい。高価なカメラを持った団体が来ており、盛んにシャッターを切っている。話しかけようとしたら「・・・」。どうやら台湾から来たツワー客だった。("video" はここをクリック

   和歌山城 いま紅葉の 真っ盛り 外国人も 多数賑わう
                   引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-12-05 07:11 | 昆虫・花・風景・ほか

タマシギのペア

c0047906_222551100.jpg
 9月に紹介したタマシギ。無事に雛をかえしてから親鳥だけまだ刈り取りした田んぼにとどまっている。10分ほど撮影したが、じっと動かず目だけぱちくりするだけだった。やっと羽つくろいしたところをお見せしよう。("video" はここをクリック

 ひつじ田に パチクリ お目目の タマシギは 漸く一羽 羽繕い始む
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-12-02 22:33 | シギ・チドリ