<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

マンフロットModosteady 585

 私のビデオ歴は旅の記録にはじまる。海外でも現地時間にカメラをセットして要所で撮影すれば、旅行のすべての行動が記録できる。これほど便利なメモはない。ツワー参加の旅では、じっくり三脚を構えての撮影はできない。手持ちでいかに安定した画面を作るか腕の見せ所だ。

 手持ちだとどうしてもぶれがあり、水平が保てない。以前からスティディカム・マリーンなど手持ちでも安定できる器具がある。しかし、いずれも10万円もする価格で簡単に手が出ない。知人は自作に挑戦しているが、これも結構たいへんで、試作の連続だ。

c0047906_1154733.jpg そんな中、マンフロットからModosteady 585(27,090円)が出た。スティディカムと同じようだがバランスの取り方が違うようだ。小型軽量でショルダープレイスでも使えるとある。これだ!。ネットで調べたら17,000円となっているので、即購入した。

 HDR-CX7 に取り付けて実験した。このカメラの三脚固定ねじ穴は中心から右にずれており、ネジの位置を変えないと左右のバランスが取れなかった。カメラにワイドコンバーターを付けて横向けにして歩いてみたが、普通の速度では画面がぎくしゃくする。考えてみたら足腰が弱く、安定して歩けないのだから無理はない。しかし、手持ちより遙かに安定しているし、コツをつかめば結構使えそうだ。

 手持ちで画面を固定しての撮影は極めて快適だ。何よりも嬉しいのは、最初の調整さえしておけば常に水平が取れている点だ。リモコンでズームアップしてみたら5X程度でも安定して撮影ができた。

 次にカメラをセットし直してショルダープレイスで撮影してみた。これならカメラを上下に振ることもでき、少しのズームアップも結構使える。3つ目の機能、三脚としての使用はあんまり実用ではない。せいぜい机の上に載せて撮影するくらいだろうか。

 Modosteady 585 についてはあちこちに紹介記事があるが、ここに海外のユーザーがyoutubeに使用映像を載せているのでそれを紹介しよう。ここをクリックする。
[PR]
by ja3cf | 2008-08-31 11:07 | ちょっと聞いて

蝶の水飲み

c0047906_19545715.jpg
 トンボを撮影したときに池の向こう側に蝶が群がっているのを見つけた。水を飲んでいるようだ。カラスアゲハ数羽とモンキアゲハ1羽だった。最近はこのような大型蝶をまとまって見るのが久しぶりだ。

 蝶の水飲み風景はよく見かけるが、いつも不思議に思うことは、水場でなくて湿った地面で飲んでいることだ。もっと水気の多い場所がそばにあるのに、石ころだらけのこの場所だけに固まっている。このような場所はミネラル分が多いためだろうか。詳しいことはわらない、教えて。("video" はここをクリック

   地づら這う ごとく揚羽ら 石ころの
               間(あわい)に溜まりし 水を飲みつぐ
   池の辺の 湿地帯に群る アゲハ蝶 羽ぱたぱたと 水を飲むなり

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-08-23 20:23 | 昆虫・花・風景・ほか

オオシオカラトンボの産卵

c0047906_21255845.jpg
 お盆で田舎の家へ帰省した。この時期、野鳥は期待できないのでトンボの撮影に行った。隣町にはトンボ池が作られて自然保護をしている。このテニスコート2面ほどの広さの沼に、常時4種類ほどのトンボを見ることができる。

 トンボが飛び交い、水中にはメダカがいっぱい泳いで、デンジソウが浮かぶ昔の自然が再現されている。子供の頃よく遊んだ懐かしい風景をここで見ることができる。

 いまは産卵の季節で、オオシオカラトンボのメスが産卵しているのを見ることができた。そばではオスも離れず飛び回っている。産卵は一気にするのではなくて、尾を一瞬水中に浸ける動作を何度もなんども繰り返して産み落としている。("video" はここをクリック

 子供のころ 遊びし風景 懐かしき 故郷の池を 訪ねて立ちぬ
 幾種類もの トンボ飛び交う 池の面(おも) いま産卵の 瞬間を見る

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-08-19 22:05 | 昆虫・花・風景・ほか

コアジサシの水浴び

c0047906_1522111.jpg
 静養中の身で遠出の鳥見は控えている。昨年の夏、泉大津港で見たコアジサシの水浴びの様子をお見せしよう。水鳥はたえず水に潜っているので水浴びは無用と思われる。

 しかし、そうではなく、よく羽を広げて水浴びをしている。水浴びの目的は、寄生虫の退治だ。そして体の特定の場所から出る油を羽にこすりつける作業だ。こうすることで水鳥は水に濡れない羽になるのだ。そばの鳥はオオソリハシシギ。("video" はここをクリック

  海の面の かがよう港の 波打ち際 コアジサシの 水浴び愛らし
  オオソリハシシギ 見守るそばに コアジサシ
                    頻り水浴ぶ 夏日を浴びて

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-08-12 02:17 | カモメ科

チョウトンボのスローモーション

c0047906_2081047.jpg
 以前に何回か紹介したチョウトンボだが、飛んでいる場面は鮮明に映せなかった。その動作が敏速で、しかも真っ直ぐ飛翔しない。

 そこでカシオのEX-F1でハイスピード撮影を試みた。それもなかなか映せなくて、カメラをセットして待つこと数分。やっとその枠に飛び込んできた。その場面をお見せしよう。動画の前半は通常の撮影をしたもので、後半は300fpsで撮影した。

 JA3CFのYouTubeに掲載したので、そちらで見てね。

 チョウトンボ ひらひら飛べば ひるがえり 平衡飛行す スローの映像
 スローにて 見れば水の上 チョウトンボ 浮遊するがに 飛びて戻りく

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-08-07 20:02 | 昆虫・花・風景・ほか

EXILIM EX-F1のパストムービー追加

 EX-F1では「パスト」というモードがある。これはシャッターを押す前からの連続静止画を撮影できる特徴的なモードだ。しかし、このモードはビデオ撮影では使えなかった。

 最近になって、最新のファームウェアにバージョンアップすることで、ビデオでもパスト機能を使えるようになった。この「パストムービー」に設定すると、撮影開始5秒前からの動画を記録することができる。このため、ムービーボタンを押し遅れた場合にも、決定的なシーンを撮り逃すことなく記録することができるようになった。

 「パストムービー」はHS(ハイスピード動画)、HD(高精細な動画)、STD(標準的な動画)と組み合わせて使用できる。 これでこのカメラの楽しみが一段と増えた。嬉しいことにこのモードでは、HD撮影のディスプレー画面が正常に表示することになった。いままでHDでは、撮影前の画面と撮影時で大幅に違っていて困っていたのだ。

 バージョンアップはカシオのウェブから入手できる。
c0047906_12411391.jpg
(EX-F1にRaynoxテレコンバーター2.2xを取り付けたもの)

  決定的 瞬間なども 撮りやすきと カメラの雄姿 青葉に映えり
  日々努力 ハイテク技術 駆使しつつ
                バードウオッチングの 映像の映ゆ

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-08-05 12:44 | ちょっと聞いて