<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ハシビロガモ

 よく見ているのに、今まで掲載のできていなかったカモがいた。それがこのハシビロガモ。近くの池や川に、他のカモたちと一緒に飛来している。名前の通りくちばしが広がっており、頭部が濃緑色なのがオス。盛んに頭を水に突っ込んで採食していた。時には数羽で輪になってぐるぐる回りながら餌のプランクトンを集めて食べている。
c0047906_1019737.jpg



  名の如く くちばし広き ハシビロガモ 苔の如くに 色濃きあたま
  もっこりと お尻水面に 水中の 餌食む ハシビロガモの カップル
  仲間たちと 餌獲るカモの 後ろ脚の せわしき動き 水中に見ゆ
  カップルは 頭寄せ合い 水面を ぐるぐる回る これはお遊び?

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-03-31 10:24 | カモ科

PMBが大幅に変更された

 ソニーのビデオカメラやデジカメに付属する画像管理ソフトPMB(Picture Motion Browser)は大幅にアップデートした。名称も「Play Memories Home」となり、撮影した画像をパソコンに取り込まずにディスク作成やWebにアップロードができるようになった。
c0047906_23275424.jpg
 早速使ってみたが、画像の管理ソフトとしての機能は大幅に落ちてしまった。USBケーブルで外付けしているHDDは、内臓HDDと差別され、接続したカメラと同じ扱いになっている。そのため立ち上げるごと一から読むために大幅に時間がかかり使えないのだ。これでは画像管理ソフトとしては不合格で、いままでのPMBへ戻すことにした。
[PR]
by ja3cf | 2012-03-30 15:20 | ちょっと聞いて

ホオジロの地鳴き

 いつもの散歩道、チチチというな小さな鳴き声で探してみると、少し先の小枝に小鳥がいた。確かめると、この声はホオジロの「地鳴き」だった。地鳴きとは繁殖期の「さえずり」以外の鳴き方をいうのだそうだ。曇空の逆光で映りはよくないがお見せしよう。
c0047906_1382898.jpg



  チチチチとう 小さき啼き声探しつつ 散歩路ゆけば ホオジロに会う
  繁殖期に あらずホオジロ チチチチと 地鳴きしている 裸木の梢に
  くちばしの 動き細かき ホオジロの 囀り愛らし 首を振りつつ

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-03-20 14:23 | ホオジロ科

公園のシロハラ

 毎年この時期には、ツグミ、シロハラ、シメそれにイカルが近くの公園で見ることできた。それが今年はほとんど見られない。いったいどこへ行ったのだろうか。そこで今回は、以前にこの公園で撮影したシロハラを紹介しよう。地面をつついて餌をあさりながら移動する姿をよく見かけた。
c0047906_13514950.jpg




  この年は 殆ど見られぬ シロハラの 啄む映像 懐かしみ見る
  乱暴に 落ち葉散らしつつ シロハラの 餌を啄む 若草の中に
  シロハラの 派手に落ち葉を はねのけて 石のあわいの 餌を啄む

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-03-17 13:53 | ツグミ科

ビラカンサとメジロ

 メジロは和歌山県の県鳥となっている。和歌浦天満宮に境内に大きなビラカンサがある。毎年この実を食べにメジロが群がる。今年もたわわに実っているが鳥の姿はない。数回訪れるがさっぱり寄り付かない。

 裏山でメジロの鳴き声が聞こえる。近づくと一本の木がざわついている。ズームアップして見ると、この木に小さな黒い実がなっている。メジロはこの実を食べに来ていた。どうやらビラカンサよりこちらのほうが美味しいらしい。
c0047906_1022239.jpg



 いつも見し ピラカンサには 姿なく 裏山「サカキ」に メジロ 実を食む
 裏山の 樹木に紛れて メジロ見え 目元くっきり 枝を飛び交う

                          引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-03-07 10:13 | メジロ科