<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

12mのパラポラアンテナ

 和歌山大学の宇宙教育研究所に12mのパラポラアンテナが設置されたことを知り、JAMSAT(アマチュア衛星通信協会)のメンバーと見学に行ってきた。この大きさは国立大学のキャンパス内に設置されているものでは最大規模だそうで、地元・和歌山の企業が設計施工したのはうれしいことだ。
c0047906_16232081.jpg
 動画にも説明しているが、このアンテナは低軌道衛星やISS(国際宇宙ステーション)の追尾ができる高速回転をする。間近で見るこの動きは素晴らしく、たいへん迫力があった。ではこの高速回転する様子をお見せしよう。



 特任助教の佐藤奈穂子先生の説明によれば、まだ調整の段階でこれからソフトの整備に入るとのこと。実際の運用はもう少し先のようだ。これで私たちが使っているアマチュア衛星の通信をやってみたいものだ。今後の活躍を期待しよう。

  ゆっくりと 回り始めし パラポラアンテナ 目の当たりにす 高速回転
  大学構内に 最大級の アンテナの 作動を眺む ふくらむ期待

                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-05-28 16:36 | 昆虫・花・風景・ほか

イソヒヨドリの鳴き声

 イソヒヨドリのオスはこの季節、都会のビルの上でよく鳴いているのを見かける。2005年にこの動画を公開したが、最近では再生がうまくできない。そこで改めてYouTubeに公開することにした。
c0047906_152538100.jpg
 この動画は田舎の自宅に設置しているタワーの上にとまって盛んに鳴いているところを撮影した。イソヒヨドリは、都会で聞かれる野鳥では一番きれいな鳴き声ではないだろうか。しかし、このように羽を広げて鳴いている姿は見かけない。それではじっくり聞いてもらおう。
c0047906_20351837.jpg



  わずか開く くちばしに聞く イソヒヨドリの 囀りの声 笛吹くごとく
  くちばしに 餌咥えしまま イソヒヨドリ 人を警戒 巣へ直行せず

                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-05-26 15:13 | ヒヨドリ科

キアシシギ

 河口の干潟をひたすら歩くキアシシギ。この鳥を掲載するのは3年ぶりだ。名前の通り足が黄色いのが印象的だ。干潟をひたすら歩いてえさを探していた。
c0047906_1062633.jpg



  ひたすらに 餌漁りゆく キアシシギ 行動範囲 ひろき干潟に
  キアシシギ 折にくちばし 根元まで 差して餌獲る 単独にして

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-05-24 10:06 | シギ・チドリ

金環日食を撮る

 5月21日は日本各地で金環日食を観察できた。雨や曇っていた場所あったようだが和歌山市内では時々雲がかかるが無事に見ることができた。ビデスコで自宅前で撮影した映像を編集してみた。記念にYouTubeへ掲載したのでご覧いただこう。
c0047906_1634376.jpg



 金環食なる瞬間と終了する瞬間に点々に繋がっている部分が見える。それがベイリービーズということを事前に聞いていた。そこでその瞬間を撮影してみた。これは月の凹凸がわかるのでいい教材になるそうだ。鮮明さに不満があるがお見せしよう。
c0047906_22482569.jpg
(画像のクリックで拡大する)

   月面の おうとつも捉え 金環日食 4分間の ショーまのあたり
   あまたの人 集いて見上ぐ 金環日食 月と太陽 世紀のヒーロー
   雲のあわいに 輝くリング 天体ショー
                  各地こぞりて 朝(あした)賑わう
   橋杭岩の 珍しき景 愛でながら 真上の金環日食仰ぐ

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-05-21 16:50 | 昆虫・花・風景・ほか

ハマシギ

 久しぶりに海岸へ撮影に行った。河口で双眼鏡を覗くと、対岸に動いている鳥を見つけた。そこまでの距離100mほど、ビデスコでズームを最大にして撮影した。
c0047906_14104734.jpg



   百メートル 先のハマシギ 鮮明に 干潟にせわしく 餌を啄む
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-05-20 14:02 | シギ・チドリ

ウグイスの鳴き声 ③

 この時期、毎年観察に行く場所がある。期待していたオオルリは、撮影できなかった。ここで見つけたウグイスだが、あまり上手な鳴き声ではなかったが、オオルリの鳴き声と一緒に紹介しよう。

 「うぐいす色」といわれるが、実際のウグイスはこのように地味な色である。この色で、たいていは梢の中でさえずるので、鳴き声はよく聞くなじみのある鳥だが見つけるのは難しい。毎年ウグイスを追っかけるが、なかなか捉えられない。市街地でも鳴いているが、車の音など雑音が入りクリヤーな音の収録はできない。今年はこれで我慢しようか。
c0047906_16471766.jpg



 他の「ウグイスの鳴き声」はここをクリックで見ることができる。

  オオルリと 唱和のウグイス 鳴き声の いまだ幼き 五月の木陰
  上手とは 云えぬ鳴き声 ウグイスの 落ち着かぬ動き 青葉のなかに
  新緑の なかに紛れて 枝のへ(上)の ウグイスの声 森にひびけり

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-05-16 16:48 | ウグイス科

オオヨシキリの季節になった

 今年も水辺でオオヨシキリが大きな声で鳴いている季節になった。アシ原のあちこちで鳴いているのだが、なかなか撮影できる位置に上がってこない。1時間半の間に10回ほど撮影はできたが、枝被りばかりで使える場面は僅かだった。
c0047906_21452799.jpg



  水の辺の 葦の葉かげの おちこちに オオヨシキリの 鳴く声透る
  茂み隠れに オオヨシキリの 鳴く声よ 全容撮るに 時間かかれり
  前後左右 見まわしながら オオヨシキリ 五月の風に 吹かれ囀る
  一本の 葦に縋りて オオヨシキリノの 囀りつづく 煌めく水辺に

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-05-13 21:48

「足がつる」が直った!!

 数年前から夜中に足がつって目が覚める。足がつるのを「こむら返り」とも言われるが、最近では夜中に3回も足がつって目が覚める。立ち上がって歩いたり椅子に座って数分経つと治る。気になって整形外科の医師や理学療法士に相談するが明確な解決方法や処方をしてくれない。

 そんな時、4月25日にNHKが放映した「ためしてガッテン」でその解決方法が紹介された。「1分歩いて3分休む」を10回繰り返すだけでよいとのこと。これを1週間に3回行うことで治る。フン!こんな簡単ことで治るのか、半信半疑ながら実行してみた。

 これを1週間続けたところ、あ~ら不思議!すっかり治ったではないか!!。番組によれば、こうすることで詰まっている血管の部分に新たな回路ができるのだそうだ。足腰が弱っても、できるだけ歩こうと休みなく30分以上歩いていた。それが休み休み歩くほうがよいとは思ってもみなかった。

 本当に簡単な方法なので足がつって気になっている人におすすめする。テレビを見ながら家の中でも実行できる。「ためしてガッテン」、ありがとう!。(興味ある人はNHKのWebを見て)

   高齢者 殆ど経験 「足がつる」 私も始めよ 休み歩きを
                    引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-05-05 08:06 | ちょっと聞いて