<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

SX50HSで手持ち望遠撮影

 今年もいよいよ今日で最後となった。晴れたので久しぶりに紀の川の河川敷を散歩する。街中では穏やかだったが結構風が強い。葦原のそばにカモたちが集まっている。50倍のデジカメ・キャノンSX50 HXで手持ち望遠撮影がどこまで使えるかテストをしてみた。

 足腰が弱いので、岸に座っての撮影となった。カモたちは約25倍(600mm)で撮影した。帰りがけ道路にイソシギが降りている。かなりの距離があるが近づくと逃げられるので最大倍率50倍(1200mm)で撮影をした。カメラの手振れ補正はオンにしているが、編集での補正はかけていない。結構使えることがわかった。


[PR]
by ja3cf | 2012-12-31 15:27 | ハイビジョン撮影

手振れ補正の実験

 最近はビデオカメラだけでなくデジカメにも手振れ補正機能が採用されている。それでも手持ち撮影だと結構揺れが気になる。Webの動画はすべてYouTubeに掲載しているが、ここに「スタビライズ」という手振れ補正機能があることがわかった。先日、高島屋百貨店大阪店屋上庭園のクリスマス・イルミネーションをスマホで撮影した。この動画は結構手振れが気になる。それをYouTubeの「スタビライズ」で補正してみた。



 結構安定しているが画質がかなり落ちる。それに上下のふちが動いて気になる。

 ビデオ編集ソフトEDIUS Neo 3 がバージョンアップして「3.5」となった。新機能としていろんなカメラやフォーマットに対応や、3D映像の編集もできるとあるが私の環境では関係ない。とりあえず気になったのは、手振れ補正だ。今までは「メルカリ」を使っていたが、このバージョンからは自社開発の「スタビライザー」という機能になっている。それでバーションアップ版を購入した。

 最初の戸惑ったのは、この手振れ補正機能はどこにあるかだった。やっと見つけた位置は、「ビデオフィルター」の一番下にある「スタビライザー(ローリングシャッター補正有り)」だった。どのような補正量が適切かわからず、とりあえず真ん中の量で設定をした。嬉しいことに処理は以前より大幅に短かくなった。
c0047906_2233553.jpg
 あまりあっけないので「プレビュー」で確かめると効果が出ている。「メリカリ」だと処理が結構時間がかかっていたので、すごく便利になった。では、これで補正した動画をお見せしよう。



   補正終えし 動画美し デパートのイルミネーション 屋上に撮る
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-12-16 16:40 | ハイビジョン撮影

SX50HSで撮影したモズ

 CanonのSX50HSを持って公園へ散歩に行く。紅葉シーズンが終り静かになっている。モズの鳴き声ばかり聞こえ他の野鳥が見つからない。ベンチで一休みしていると近くの桜の木にモズが止まった。急いで手持ちで撮影したのがこの画像。最望遠の1200mmで撮影したのをノートリミング無修正でお見せしよう(ただし1200X900に縮小)。RAWで撮影したが、立ち上がりが早く、画質も結構気に入っている。
c0047906_11145942.jpg
   夕焼けの 色にも似たる モズ一羽 葉の落ちつくす 梢に止まる
   美しき 羽色映えて モズ止まる 梢にちらほら 芽吹きたくまし

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-12-15 11:20 | モズ科

50倍のデジカメ「SX50 HS」

 CANONから50倍のデジカメが発売された。できるだけ軽く、高倍率・高画質なカメラを物色していたので発表された時点から注目していた。発売後、鳥仲間の友人が入手され、その作品を見せてもらったら鮮明な画質で気に入った。早速購入を決めた。
c0047906_9203880.jpg
 先日、所属している探鳥会でダイサギの飛翔を撮影してみた。「飛びもの」の静止画撮影は初めてだったが、結構いける。
c0047906_9451316.jpg
 望遠域で撮影すると一眼カメラのように周辺は結構ぼける。では、和歌山城の「紅葉渓公園」の紅葉をお見せしよう。
c0047906_9371658.jpg
c0047906_9322192.jpg
   50倍の デジカメ撮影 ダイサギの 飛翔紅葉も 鮮明に華やぐ
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-12-05 09:32 | ちょっと聞いて