モズが里に帰ってきた

 夏場、高地や涼しいところに移動していたモズが里に帰ってきた。梢に止まりながら地面の蛙などを狙っている。子供の頃からのなじみの野鳥で、学校からの帰りに、小枝の先に蛙やトカゲを突き刺しているのをよく見かけた。モズが食料を蓄えるためにつけているのだと思っていた。しかし、この行為は学会でも本当のことはよくわかっていないのだそうだ。



 風冷ゆる 立冬の朝 背戸山に この年初の モズの声す  
 木の枝に カエルや虫を 刺ししまま 食べるでもなし 意味不明とぞ

                       引地貞子(那智勝浦町)
by ja3cf | 2009-11-19 09:52 | モズ科
<< エボシヒヨドリ 削除したファイルの復活 >>