レンカクが来た

 いつも観察にゆく久米田池にレンカクが来たという情報をもらい早速駆けつけた。池の中程で水草を盛んについばんでいる。その距離200m以上もあって鮮明に見ることできない。待つこと1時間あまり、近くの浅瀬に来て羽つくろいを始めた。ラッキーチャンス到来で、うまく撮影ができた。

 文献によれば、レンカクは主に東南アジアの熱帯に住み、日本へは迷鳥として単独で飛来するそうだ。いまは冬羽で図鑑に載っているような、頭部は真っ白で尾羽が長い優雅な姿ではないのが残念だ。この鳥は4日ほど滞在して飛び去った。
c0047906_1134364.jpg
 この動画はウッドデッキからの撮影で、揺れがかなりあり、不安定な画面になったのが残念だった。



  近くの浅瀬に レンカク待ちて 1時間 チャンス到来 羽繕い始む
  冬羽で 尾羽美しき レンカクの 姿見られず 羽繕いする
  水草の 覆う水面を さまざまの 鳥が餌を食む レンカクの周りに
  熱帯地より 迷鳥として 来日の  レンカク僅か 4日で去りぬ

                       引地貞子(那智勝浦町)

追記)
 この動画もYouTubeに公開してまだ半日しか経過していないが、すでに「栄誉」2個が付いている。また、海外から「いいビデオありがとう、新種アメリカ北部レンカクを見てきましたよ」というコメントが書き込まれている。
[PR]
by ja3cf | 2011-10-24 11:24 | その他の野鳥
<< ニュウナイスズメの集団 世界初・球形飛行体 >>