久しぶりの台湾 高雄編②

 4日目、今日はタクシーで高雄市内観光だ。品ちゃんのおじさんが個人タクシーを持っており、品ちゃんのお父さんも合流して賑やかだ。
c0047906_22150182.jpg
 まず向かったのは、半島が切り離されて島になっている旗津島へ。海底トンネルを抜け長さ11km 平均幅200mの細長い島の南から北上。海岸は侵食が激しく護岸がたいへんだそうだ。
c0047906_21564293.jpg
 島の外海側は一部公園となっており遊歩道がある
c0047906_21561658.jpg
c0047906_21570362.jpg
c0047906_21571955.jpg
c0047906_11512205.jpg
 島の先端で記念撮影 左から桑野、岩崎、山際、品ちゃん、山村、それに品ちゃんのお父様
c0047906_22000673.jpg
 ここで新鮮なシーフードを食べて海峡をフェリーで本島に戻った
c0047906_11125937.jpg
 店頭に並んでいる新鮮な魚介類を選んで調理してもらう
c0047906_22123363.jpg
c0047906_22242089.jpg
 台湾も冬の季節だが暑くなったので商店街でフルーツアイスを頼んだらビックリ!3人前で大きな椀にてんこ盛り。マンゴー、パインアップル、スイカ、キュウイそれにバナナなどミックスされ味は最高だが、運転手さんも含めて7人でも食べきれないほどの量だった。
c0047906_22272409.jpg
 午後は海岸沿いある国立中山大学の構内に入った。ここは蒋介石の別荘地だったところ。校内には総統の乗用車も展示されている
c0047906_22340764.jpg
 忠烈祠そばにあるLOVE観景台から市内を遠望をしたり、鐵道の終点跡地の広大な土地や倉庫群を散策した。台湾のいいところは、戦前日本が建設した遺産が活用されており、私たちにとっては嬉しいこと!
c0047906_22372630.jpg
 ここの線路が20本もある! ここから新しく導入されたトラムカーの出発駅となっている
c0047906_22403044.jpg
 倉庫群も遊園地の一部となっており週末にはミニ汽車が走っている
c0047906_22425476.jpg
 日本人が使っていた浜線の名称をそのまま使っている
c0047906_08462356.jpg
 最後の観光は85ビル。378mもあり建設時は東洋一の建物だったそうだ。ここのビルの展望スペースからの市内の眺めは素晴らしいものだった
c0047906_09053178.jpg
 人口が減少しているそうだが高層マンション建設が続いている
c0047906_08564194.jpg
c0047906_08591902.jpg
c0047906_09005094.jpg
 夕食は品ちゃん家族一家に招待され、総勢12人有名中華料理店で美味しい小籠包などをいただいた。それにしても品ちゃんのご家族の親切に感謝感激!。それに叔父さんのタクシーは最後にホテルまで12時間のお付き合いで、大満足の1日を過ごした
c0047906_09131246.jpg
c0047906_09160878.jpg

[PR]
by ja3cf | 2018-01-23 08:18 | 台湾の野鳥日記
<< 久しぶりの台湾 高雄編③ 久しぶりの台湾 高雄編① >>