手製のマイクジャマー

c0047906_221392.jpg
 野鳥ビデオ撮影の特徴のひとつは鳴き声の録音ができることだ。いまビデオカメラに採用されているマイクはコンデンサーマイク。このマイクはダイナミックマイクに較べて高音が伸びて鳴き声の録音に最適だが、風の音(風切音)が拾いやすい欠点がある。僅かの風にも反応して気になっていた。

 プロのカメラのマイクや録音マイクを見るとふさふさとした毛のカバーが付いている。これが風切音の減少に大きな効果があることは知られている。これを欲しいなあと思っていた。ビデオサロン3月号に、もわもわした布を手に入れれば簡単にできると書いている。

 早速、手芸店で布きれとマジックテープを少しを買ってきて作ってみた。ガンマイクに被さる大きさに布をカットし、裏返して先頭部分を縫い合わせる。そして両端にマジックテープを縫いつけて完成だ。早速マイクをビデオカメラに取り付け、近くで扇風機を廻してテストしてみた。効果抜群!付けてないときと較べて驚くほど風切音がカットされている。費用は僅か100円あまり、気になっている人にはおすすめだ。

   風切音 カットの工夫 100円余 野鳥撮影 楽しみとなる
                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-04-11 22:37 | ビデスコについて
<< カワラヒワのさえずり1 都会に住むハヤブサ >>