人気ブログランキング |

デジスコ用にDSC-W1を入手する

 11月に「石丸喜晴さんと行くケアンズ・デジスコ・ツワー」にいつもの仲間3人で参加することになった。折角海外まで行くのだから、きれいな野鳥を大きな静止画で撮って部屋に飾りたいと急きょデジカメを買うことにした。近くの家電量販店の改装でソニーのDSC-W1が安くなっていたので、これと256MBのメモリースティックを購入する。このカメラを選んだ理由は、モニータが2.5型と大きいのと単三2本で動くという点だ。どうせメインはビデスコなので、W1の予備バッテリは買わずに単三アルカリ電池を持っておけばよいという考えだ。

c0047906_22532970.jpg 接眼レンズは30倍の純正品(14WD)にターボアダプターP1という組み合わせだ。KYOEI-BIRDへFAXで注文したら早い!翌日に届いた。早速セットして近くの風景を撮影してみるがなかなかピント合わせが難しい。それにオートだと露出オーバーとなって白っぽい画像になってしまう。いろいろ実験したがマニュアルで-1.0EVとしてやっと見られる画像になってきた。デジスコの上手下手は一にも二にも慣れだとのこと。半日がかりでテストを繰り返す。

 何とか一通り使えるようになったと解釈して、午後にいつもの公園へ行く。やっぱりデジスコはビデスコに較べて機材は軽くて三脚の動きもスムースだ。2時間ばかり待ってみたがいつものカワセミが現れず残念。何かいい被写体はないかと見ると対岸にカメが水際にいる。これを使ってテストを繰り返す。距離が60m以上もあるので最大倍率で撮すがなかなかシャープな画質が得られない。条件をいろいろ変えながら100枚ほど撮って帰り調べると、構図とピントのよいのが僅かに2枚だけだった。初めてにしてはこんなものだろうと自分で納得する。
by ja3cf | 2004-10-11 22:52 | ビデスコについて
<< デジスコで初撮影 飛び込んだ瞬間をキャッチ! >>